毎日の生活をもっと楽しく!

沖縄を行くのが2回目の人にオススメの観光はこちら!~後編~

2020/10/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
流生
流生(りゅうせい)です。 世間に"流"されないで"生"きていくことを信念としております。 "毎日をもっと楽しく!"を皆様に届けたいと思い、このブログを立ち上げました。 もし記事内容が良いと思われましたら、"いいね"やSNSへ共有していただけますと励みになります。

ハイサイ!(こんにちは!)

前回に引き続き、沖縄旅行2日目です!

→1日目の記事はこちらからご覧ください。

 

2日目

アラマハイナコンドホテルで宿泊して目覚めたのは朝7時半頃。

いつも私たち夫婦はホテルで泊まると9時ぐらいに起きるので、これはなかなかレアなこと(^_^;

滞在時間があと1日半しかないので、グースカ寝てる訳にもいきません。

朝食は予約してなかったので、とりあえずホテルにある温泉へ。

露天風呂があったので、朝から海の綺麗な景色を見ながら癒やされました(^^)

こちらが部屋のベランダから見た景気ですが、このホテルは海が近くにあってロケーションがいいです。

準備が終わって出発する頃には朝10時!

のんびりしすぎてました(^^;

すぐに2日目最初の目的地へ出発!

 

美ら海水族館

美ら海水族館は沖縄の中でも非常に有名だと思うので、行ったことがある人も多いかもしれません。

けど私は前回行けず終いだったので、どうしても行ってみたかったのです。

なんせ来館者が日本一という、とっても人気の水族館なんです(^o^)

ホテルから車で10分程という距離で、あっという間に着きました!

(もちろん、これを狙ってホテルの場所も選びました)

早速海が辺り一面に広がっていて、とっても綺麗です(^^)

地元の○○湾とは色がまるで違います。。

入口ではジンベイザメが出迎えてくれました。

とっても大きいですが、恐らく本物と同じサイズでしょう。

ちなみに入場料は大人1,890円ですが、空港のカウンターで前もって買っていたので1,690円でした。

美ら海水族館の入場チケットは、ファミマのようなコンビニ等の沖縄の至るところで安く販売しているため、先に購入しておいた方がお得です(^^)

それでは入場します!

早速、本州ではお目にかかれない珍しい姿のヒトデに出会いました。

色もグリーンやイエローなど様々で、形も細い子もいれば太った子もいるんですね。

写真の太った子なんかは完全に☆になってます 笑

島国らしい、カラフルな色の魚たちが優雅に泳いでいます。

やたらデカい鯛で顔もイカツイです。

大きいからか動きは亀並みに遅く、どーんと構えているので、きっと他の魚たちの主なんでしょう。

鯉??

岩に隠れているのは海老の一種みたいですが、驚きなのは隣にいる魚と仲良くやっていることです!

同じ水槽に入れられていると、違う生き物でも仲間意識が芽生えるんですかね?

5分程見ていましたが、その間は2匹とも微動だにしてませんでした 笑

クラゲって見ていると光のイルミネーションのような感じで癒やされるのは私だけでしょうか?

写真だと伝わりにくいのですが、実際は本当に綺麗でした。

出ました!チンアナゴです!

とりあえず可愛いの一言に尽きます!

写真左下にいる子が恥ずかしがり屋なのか、じっと見てると引っ込んでしまいました。。

こちらは他の水族館で私がなかなかお目にかかれなかったタツノオトシゴです!

「竜の落とし子」って書くだけあって、本当に竜の形に似てますね~

見ている間はフワフワ浮いているだけでしたが、この魚は雄が出産するという生物界ではレアな生き物です。

しかも出産シーンがなかなか面白いので、興味がある方は下の動画をご覧ください(^O^)

美ら海水族館は敷地面積がかなり広いので、全部まともに見た場合は1日中遊べると思います。

私達は時間が無かったので、2時間程で最後のメインを見てきました。

そう、ジンベイザメです!!

入り口にあったものと同じサイズぐらいで、やはり大きい。

体重はなんと20トン近くあるそうです!

しかも、こんなデカいのがこの水槽内に2匹もいるなんて贅沢な水族館です。

別の水槽には他の人食いサメもたくさん泳いでいましたが、ジンベイザメはとっても温厚で関心します(^^)

メインも終わり、館内を出て敷地内で昼ご飯を食べることに。

沖縄そばです!

私は知らなかったのですが、この「沖縄そば」と「ソーキそば」とは別物らしいのです。

何が違うかと言うと、主に使用している肉です。

「沖縄そば」は豚の角煮のような3枚肉を使用しており、対して「ソーキそば」は豚の骨付きスペアリブを使用しているそうです。

私としてはソーキそばを頼んだつもりだったのでショックでしたが、食べてみると3枚肉も柔らかくて美味しかったので全然こっちもアリだなと思いました(^^)

美味しく食べ終わった後、美ら海水族館の敷地内で海を間近で見れる場所があったので、ちょっと寄ることに。

沖縄に来てから初めて海に触れましたが、色が透き通っていています。

ここは遊泳禁止のようですが、泳げる程に海自体は綺麗です。

形の綺麗な貝殻がたくさん落ちており、嫁さんは目を輝かせて集めておりました(^^;

こんなことをしている内に時間も昼1時を超えていたので、次の目的地へ向かうことに!

■営業時間
通常期(10月~2月):8:30~17:30
夏期(3月~9月)8:30~19:00
※現在はコロナウイルスによる影響のため、令和3年2月末まで通常期の時間での営業

 

瀬底島

この瀬底島は、美ら海水族館からは車で15分程で行くことができる離島です。

人口は800人程の小さな島ですが、本土から車ですぐに行ける場所とあって多くの人が訪れていました。

ここで念願だった海に入れることもあって、ワクワクが止まりませんでした(^O^)

とりあえず暑すぎたので、またしてもさんぴん茶を購入。

瀬底島の海近くにある駐車場は1時間まで500円1時間を超えると1,000円になりますが、一日遊ぶ方でも1,000円のままで停められますのでご安心を。

車を停めて海の方へ向かう途中に「着替えどうしよう」ってなりましたが、ちゃんと更衣室も備え付けられておりました。

更衣室はロッカーを200円で利用できます。

ただ、よくよく考えてみたら駐車場から海までの距離がすぐだったので、車で着替えていっても良かったんじゃ。。

着替えて入ろうとしたら、嫁さんはまさかの私服のまま!

やっぱり日焼けしたくないから海辺で見ているとのこと。。

せっかく沖縄でわざわざ水着を買ったのに(>_<)

仕方なく一人で海へ入ることに。。

意外にも海辺でくつろいでいる人が多かったです。

ちなみにパラソルのような海で利用する備品は、受付に言ったら有料で貸し出ししてくれます。

あいにく曇り空だったのが残念ですが、離島の海はとっても綺麗です(^o^)

海面から下の様子が見れるなんて、本州の海では考えられません!

とりあえず私は1時間ぐらいひたすら泳いでいましたが、久々の海に入れたとあってとても満足です(^^)

気づいたときには3時頃になっていたので、早々と次の目的地へ向かうことにしました。

行く前にシャワーを浴びれる場所があり、水だと300円温水だと500円で貸してくれます。

ただ、更衣室とシャワー室の間が外になっており、シャワーが終わって裸のままだと人から見られて恥ずかしいので着替えを持って入る必要があります(^^;

瀬底島は小さい島なので観光スポットはほとんどないですが、海はとても綺麗で泳ぐこともできるので「せっかく沖縄に来たんだから海に入って楽しみたい!」といった方にはオススメです!

ブルーシールアイス店舗

次の目的地までは下道で行っても高速使うのと時間が変わらないため、初日達成できなかった「海を見ながらのんびり行く」という目的が実現されました(^^)

この通りバッチリ海沿いに道路が面しているため、南国気分でドライブができます。

向かう道中でなんだか無性にアイスが食べたくなったので、途中にあったブルーシールアイスの店舗へ。

沖縄に来て、ブルーシールアイスの店舗に行くのは初なのでちょっとテンションが上がりました(^^)

アイスしかないと思ってましたが、店舗ではクレープやフロートなんかも扱っておりました。

店内はかなりアメリカンな雰囲気。

m&mのキャラクターはなんか関係あったっけ??

ブルーシールアイスのグッズなんかも置いてあります。

実はこのブランド、創業から約70年も経っており、元はアメリカの会社が設立したものだったんですね~

最初は米軍基地のみで供給してしたものが、約50年前に街へ拠点を移してからこんなにもたくさんの人から愛されるアイスクリーム屋さんになったそうです(^o^)

レジに行くと美味しそうなアイスが何種類も並んでおり、今まで見たこと無い味もたくさんあるではありませんか!

散々迷ったあげく、私がサトウキビウベのこってりコンビ、嫁さんがマンゴタンゴとココナッツのさっぱりコンビにしました。

ジュニアダブルというサイズなので、2つの味を少量で楽しみたいといった方へオススメです。

どれも味が濃くて満足できるものとなっておりますが、私の中でもMVPはウベです!

紅芋をさらに濃厚にしてトルコアイスのようなネットリ感があり、とってもウマイ(^o^)

前回行ったときに食べた紅芋の感動を超えるぐらいの衝撃がありました!

是非、ブルーシールアイスを本州でも展開してほしい!


■営業時間
平日:11:00~20:00
土日祝:11:00~21:00

 

アメリカンビレッジ

アイス食べ終わった頃には既に夕方近くに。

今日の最終目的地はアメリカンビレッジという大型の野外ショッピングタウンです!

もしアイスを食べずに向かっていたら、瀬底島から2時間ぐらいで行ける場所です。

まず本日宿泊するホテルにチェックインし、早速アメリカンビレッジへ向かおうとしたが、嫁さんの体調が悪かったので、とりあえず一人で向かうことに。

ホテルを出たとこの風景ですが、こんな感じで目の前に既にアメリカンビレッジのあるカラフルな建物が見えており、徒歩5分ぐらいで着きました。

「めんそーれ」が「いらっしゃい」ってことをここで初めて知りました(^^;

多言語対応しているだけあって、ここは今まで見た中で一番外国の方が多かったです。

しかもまたしても屈強そうな方ばかり。。

このように、アメリカンビレッジはカラフルな建物がやたらと目立ちました。

やはりアメリカを意識しているのか、ハンバーガーやステーキような肉料理屋がたくさんあります。

こういった飲食店が多いから、外国の方にはとっても人気があるスポットなんでしょうね~

そして中心部から少し外れた場所には、またしても海が!

タツノオトシゴでしょうか??

とりあえずシーサーではありません。

夕方になっており人も少なくなってはいますが、みんなワイワイ楽しそうにやってます(^^)

離島の海を見てしまったので感動はありませんでしたが、やはり沖縄の海はどこも色が綺麗です!

ここまでほぼノンストップで動き回っていたので、さすがに疲れて休憩。

ここで、ようやく嫁さんと合流しました。

嫁さんもホテルから向かう途中に中を少しブラついていたらしいが、2人とも買い物自体は初日のアウトレットで済ませてきたため、2時間程見れれば十分でした。

なので、一旦ここを出ることに!

「またんめんそーれ」って何??って思いましたが、これは「またお越しください」だそうです。

沖縄弁は難しすぎ!

日本人なのに英語の方が分かりやすい。。

実は夜にもアメリカンビレッジを少し徘徊していたのですが、夜だとこんな感じです。

このように派手な装飾がライトアップされるので、綺麗な景色を楽しむことができます。

個人的には夜のアメリカンビレッジの方が好きです(^^)

ただ、夜になると日本や外国の方問わずヤンチャそうな方が増えてくるので、女性一人だと怖いと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

開放的なスポットなので、みんなで集まってワイワイしたい気持ちが分かりました(^^)

ちなみに、このアメリカンビレッジには飲食店やショッピング店の他に、映画館やカラオケのようなアミューズメント施設も含めて200程の施設が入っており、ショッピングが目的の方以外でも楽しめるので是非☆

詳しくはアメリカンビレッジのHPへ

■営業時間
店舗によって異なる
遅い店であれば23:00頃まで

 

でーじな豚

時間も完全に夜になったので、沖縄最後の晩餐へ行くことに。

1日目同様、食べたいものはやはり沖縄料理。

アメリカンビレッジの近くにある居酒屋でググっていると、1件興味の惹かれる居酒屋がヒットしました。

それがでーじな豚です!

沖縄らしい外観以外は普通の居酒屋ですが、ここはなんとあのダウンタウンに番組で紹介されたお店なんです!

紹介されるからには何が売りなんでしょうね??

早速入ってみることに。

ダウンタウンだけでなく、他にもタカアンドトシのタカさんやパパイヤ鈴木さんなど、著名人のサインがたくさん並んでおりました。

そんなに人気なのか(゚ロ゚)

それから席に着き、メニューを見た際に驚きました。

 

 

 

安っ!!

 

 

 

なんと、ほとんどの料理が299円~399円なのです!

そして、ドリンクも399円

なるほど、これが売りの1つか(^o^)

店内もお客さんでいっぱいでした。

そして、初日に食べられなかったメニューを注文。

こちらはグルクンの唐揚げ

こちらは沖縄では当たり前のように食べられている魚だそうです。

白身がプリプリしており、骨もなく丸ごと食べられるのがGOOD!

これはジーマミー豆腐という料理ですが、これが思いのほか美味しくてビックリしました!

この豆腐は大豆を一切使っておらず、落花生(ピーナッツ)をベースにしているようです。

なので、味はほのかにピーナッツが感じられ、食感は”もっちり”としており、そこに醤油ベースの甘辛いタレがマッチしてとても美味しかったです(^o^)

そして、私の中でこの店のMVPだったのは軟骨ソーキの炙りでした!

そもそも昼に食べた沖縄そばが3枚肉を使用していたため、とうとう今回初めてのソーキを食べることができました。

正直、ここのソーキはメチャクチャ美味しかったです(^O^)

恐らく時間をかけて煮込まれているので、味はしっかり染みついており、肉がとても柔らかくてトロトロなのが最高でした!

これらの他に、海ぶどうやお酒を注文しましたが、お会計は二人で4000円もいきませんでした!

このお店が人気で、テレビにも紹介されるのは「コストパフォーマンスの高さ」ということが今回理解できました!

とっても満足です(^^)

■営業時間
18:00~4:00
※木曜日定休

 

ラジェント(La’gend)ホテル

この日は歩き回って疲れたので、近くのイオンでお土産の買い物やマッサージをしてホテルに帰ってきました。

2日目の宿泊したのが、ラジェントホテルです。

ラジェントホテルHPより

こちらが私たちの泊まった部屋と全く同じです。

このホテルは初日に泊まったホテルに比べると部屋が狭くてラグジュアリー感は下がりますが、コストパフォーマンスとしてはかなり良いと思います!

清潔感があり、アメリカンビレッジまで徒歩5分で行けるロケーションにありながら、私たちが予約した時の料金は二人で6,000円程でした。

この料金はGO TOキャンペーンを利用しておりますが、元値が安いのでこれぐらいの値段で宿泊できたのです。

残念ながら温泉やプールは付いておりませんが、部屋のシャワールームはとっても綺麗でした。

もう酒を飲む元気も無かったので、最終日に備えてすぐに寝ました(^_^;

 

3日目(最終日)

とうとう沖縄旅行最終日の朝を迎えました。

前日がかなり披露が溜まっていたこともあり、「もう最終日は最悪どこも行かなくていいね」と話していたので、遅くまで寝ていました。

ただ、このホテルの売りは朝食とのことだったので、チェックアウト間近で急いで朝食に向かいます。

この朝食は本来であれば大人1,870円するのですが、私たちはプランに+500円で食べることができました(^^)

こんな感じで朝食はバイキング形式で沖縄料理やデザート、飲み物を提供しており、たくさんの種類から自分好きなものを選べる楽しさがあります。

私は小食な方であり朝からたくさん食べれない人にとって、好きなものを少量づつ食べられるのは嬉しいです(^^)

また食器や料理の見た目もオシャレで、SNS映え抜群になるみたいです!

こちらが取ってきた料理です。

盛り付けと写真の撮り方が下手で、まったくSNS映えしておりません。。

これらも今回の沖縄旅行で食べられなかった料理で、ゴーヤチャンプルタコライスなどです。

この後はパンやらアイスやら沖縄でしか食べられないものを食べられたので満足です(^O^)

料理は冷めていたのが残念ですが、温かいうちであればレストランで出されても良いぐらいの味だと思います。

食べ終わってホテルを出た頃にはお昼近くに。。

帰りの飛行機まで4時間ぐらいしかありません!

ホテル周りも良い風景だったので、オススメです(^^)

ラジェントホテルの詳細はこちらから

 

瀬長島

最終日はどこにも行かないつもりでしたが、天気が非常に良かったので最後に海が見たくなりました。

そこで那覇空港から一番近い離島である瀬長島へ向かうことにしました。

車で約1時間程かけて到着!

駐車場は無料で開放しておりました。

残り時間が少ないので最低限の場所だけ行こうと足早に行動したところ、早速海が見えました。

天気が良かったので一層輝いて見えた海を見て、「これで最後だなぁ」としみじみ眺めてました。

こんな晴れた日に離島の海を見ることができて嬉しかったです(^^)

しかし暑い!!

この3日間の中で一番暑くて熱射病になりそうだったので、またしてもさんぴん茶を購入。

何回買うんだって話ですが、皆さんはお気づきでしょうか??

実は今回の旅行中に買ったさんぴん茶は、全て違うメーカーであったことを。

さんぴん茶は沖縄のどこに行っても売っており(※自販機含め)、たくさんのメーカーが販売しているんですね!

正直、ほとんどどれも変わりなく美味しかったですが、強いて言えばこのポッカが一番ジャスミンの風味を強く感じられた気がします。

しばらく海辺を散策していると、オシャレな建物がたくさん並んでいたので行ってみることに。

初日の高速から見えた景色を、まさに間近で見ることができた瞬間でした。

白を基調にしており、なんともリゾート地らしくて素敵です(^o^)

ここはウミカジテラスという場所で、誕生して5年とまだ日も浅いですが沖縄のグルメやスイーツが楽しめるアイランドリゾート地だそうです。

このように坂道を上っていくと頂上にホテルがあるので、宿泊して楽しむことができるエリアなんですね!

こちらはハンモックカフェといって、ハンモックに揺られて海を見ながらオシャレなドリンクやスイーツが楽しめる、まさにリゾートを体感できる場所ですね。

時間があれば入ってみたかったです。。

こちらはタコライス専門店のようです。

タコライスってこんなにいっぱいトッピングができるんですね!

照り焼きチキンとかタコライスに合うのか。。

ウミカジテラスは4F建てぐらいになっており、それぞれのフロアに飲食店が何店舗かあります。

飲食する際は、みんな外に設置してあるテーブルに座って海を眺めながらといった感じで、これまでの沖縄の中でもまさに手軽にリゾートを体験できるスポットでした!

最後の観光地を見終えて、飛行機の出発まで残り2時間!

急いでレンタカーを返しに行くことに。

瀬長島ウミカジテラスからレンタカー返却口は車で10分と非常に近いので、帰りに寄るスポットとしてはベストでした!

 

沖縄とのお別れ

トヨタレンタカーは借りた場所と返す場所が若干違うので、厄介でしたがなんとか無事に返却できました。

少し時間があったので、制限エリア内に行く前に那覇空港を散策&お土産の買い物へ。

実際に食べてないのですが、こちらのお店はA&Wというアメリカ発祥のファーストフードです。

こちらではルートビアという湿布のような味のする炭酸飲料が有名で、好き嫌いが分かれるそうです。

CALDIオンラインストアより

ハンバーガーはボリュームがあって外国の方にはとても人気だったので、美味しいんだと思います。

日本では沖縄しか展開されていないお店だったのでとても行きたかったのですが、また次回のお楽しみとして取っておきます。

お土産は2Fや3Fにたくさんの店舗で売られていました。

お菓子も紅芋タルトやチンスコウなどを買いましたが、ご飯モノはこちらを購入。

旅行期間中に美味しかったジーマミー豆腐ミミガー、そして食べられなかったソーキそばです。

沖縄物産は本州でたまに開催することもありますが、滅多にやっていないので、沖縄のお土産はたくさん買っておかないと損ですね(^o^)


そしてまたまたさんぴん茶を購入!

結局この旅行中の飲み物は、ビールを除いてこのさんぴん茶のみでした(^^;

最後は沖縄メーカーのオリオンです。

もちろん、お土産としてティーパックも買っていきました(^o^)

比嘉製茶が出しているティーパックは、誰でも飲みやすい定番のさんぴん茶でオススメです!


お土産も買ったところでシーサーにお別れを告げ、制限エリア内へ入っていきました。

ここでも最後に成し遂げたいことがありました。

そう、ブルーシールアイスを食べることです!

制限エリア外では市販されているラクトアイスしかなかったのですが、制限エリア内であればお店の人が出してくれるアイスクリームが食べられるのです。

最後は沖縄らしい味である、塩ちんすこうを頂きました!

+50円でワッフルコーンに。

バニラベースで塩ちんすこうの味がほんのり効いてて美味しく、最後のシメにはバッチリでした(^o^)

 

これで今回の沖縄旅行は終了です!

 

おまけとして、帰りの飛行機から撮影した写真を載せておきます。

まるで衛生から地球を撮影したような素晴らしい風景が撮れました(^^)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

2泊3日という短い期間でしたが、前回とは全く異なる場所を回ることができました。

もちろん最初の旅行でに全てを回られる方もいらっしゃると思いますが、2回目以降で沖縄旅行へ行かれる際に選択肢の1つとして今回ご紹介したルートで沖縄の良さを感じるのもアリだと思います!

沖縄旅行を短期間で行かれる場合は是非参考にしていただければ幸いです(^^)

 

それでは、またんめんそーれ☆

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
流生
流生(りゅうせい)です。 世間に"流"されないで"生"きていくことを信念としております。 "毎日をもっと楽しく!"を皆様に届けたいと思い、このブログを立ち上げました。 もし記事内容が良いと思われましたら、"いいね"やSNSへ共有していただけますと励みになります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© エンターテイメントLIFEスタイル , 2020 All Rights Reserved.