毎日の生活をもっと楽しく!

沖縄を行くのが2回目の人にオススメの観光はこちら!~前編~

2020/10/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
流生
流生(りゅうせい)です。 世間に"流"されないで"生"きていくことを信念としております。 "毎日をもっと楽しく!"を皆様に届けたいと思い、このブログを立ち上げました。 もし記事内容が良いと思われましたら、"いいね"やSNSへ共有していただけますと励みになります。

はいさい!!

沖縄弁で「こんにちは」ということらしいですが、初めて知りました(^^;

そんな訳で先日、私は沖縄旅行に行ってきました!

コロナのせいで今年はまともに旅行に行けずにフラストレーションが爆発しそうだったので、国内で海が綺麗で南国気分を味わえる場所で今までの全てを発散するべく、今回は沖縄を選びました。

実は10年ぐらい前に1度だけ沖縄に行ったことがありますが、丸2日間ぐらいしか滞在してなかったのと初めてだったということもあり、ベタベタな那覇の国際通りと首里城ぐらいしか行きませんでした。。

だから、「今回は前回行ったことない場所を巡ろう!」と心に決めて旅立つことにしたので、そんな2回目ならではで巡った沖縄のスポットを紹介していこう思います!

たった2泊3日の短い旅行ですが、「おっ、なかなか面白い場所もあるんだな!」と思っていただければ幸いです(^^)

 

1日目

初日は午後3時頃に那覇空港へ着きました。

コロナの影響もあって機内は結構空いてるかなと思いましたが、ほぼほぼ満席でした!

まあ夏も終わりかけですし、私と同じような考えで沖縄へ行こうと決めた方が多かったんでしょうね。。

しっかり歓迎されているようで、この時点で沖縄に来た実感がありました(^O^)

ちなみに「めんそーれ」とは「いらっしゃい」の意味だそうです!

空港を見回りたかったですが日没までの時間の余裕もないので、とりあえず予約していたレンタカーを取りにいくことに。

那覇空港でレンタカーを借りる際に気をつけたいのは、店舗が空港内に無いということです。

少し離れた場所にあるところまで、シャトルバスを利用して向かう必要があります。

空港出口を出て1本通りを挟んだ場所にレンタカーのバス乗り場があります。

今回はトヨタレンタカーを予約したので、こちらのようですね。

乗り場が何ヶ所かありますが、分からなくなったとしてもレンタカー会社のスタッフがここで見張り(?)をしてますので、聞いたら教えてくれますよ!

バスに乗ってから10分程走らせて、無事にレンタカーを借りることができました。

今回借りれた車はヴィッツ

普段も遠出する際にはレンタカーを利用するんですが、普段からヴィッツばっかりでしたので乗り慣れている車でラッキーでした(^O^)

さあ、ここからが本格的な沖縄旅行の始まりです!

 

あしびなー沖縄

まず最初に向かったのは、あしびなー沖縄というアウトレットモールです。

理由は空港から近かったのと、海に入るためにどうしても水着が欲しかったからです。

早速車を走らせて、15分程でアウトレットに到着しました!

空港から近い割には、さほど人はいませんでした。

地元の人ばっかり??

沖縄まで来て、わざわざアウトレットに行こうという観光客がいないということでしょうか(^_^;

米軍基地があるためか、屈強な外国の方(アメリカ人?)が多い!

この日は天気もよく、野外で買い物するには絶好の日でした!

私は日焼けしたかったので日の当たる場所ばかり歩いていましたが、嫁さんは死んでも日焼けしたくないらしく、常に屋根がないところまで猛ダッシュで移動してたので、一緒に買い物した記憶がほぼありません。。

なので、お互い別行動して早速お目当ての水着を探しに行くことに。

既に行きたい店が決まっていて、BILLABONG(ビラボン)というサーファー系のファッションを取り扱っている店に直行しました。

実はこのBILLABONG、沖縄へ行く前に水着を探しに本州にある店舗の方へ見に行ったんですが、すごい気に入ったデザインがあったにも関わらず、在庫切れで買えなかったという悲しい過去があります。

なので、海大国である沖縄の店舗であれば「もしかして」と淡い期待を抱いて探しに来たのです。

そして店に着いて、しばらく探していると

 

 

 

あった!!

 

 

 

本当にありました!

本州で取り扱っていた最新モデルではなさそうですが、デザインはまったく同じなので問題なし!

しかもアウトレットだからか安い!

これが買えただけで沖縄に来た甲斐がありました(^^)

ちなみにこちらを購入したのですが、いかがですか??

個人的にはエメラルドグリーンとヤシの木が南国っぽくて気に入ってます(^o^)

一番の目的を達成したのでもう帰ってもいいかな?って思いましたが、せっかくなのでもう少しブラつくことに。

あしびなーで買い物するのは、基本的に1Fがメインになっております。

あしびなー沖縄HPより

このような感じで敷地がとても広いので、半日ぐらいであれば十分に楽しめると思います!

2Fは気持ちレベルのエリアなのでほとんど見るところがありませんが、飲食店がメインといった感じでした。

最初いきなりステーキだと勘違いしました(^^;

私の地元では見たことがないので沖縄限定の店かな?と思いましたが、ちゃっかり全国展開している店なんですね。。

赤身ステーキだと200グラム1000円程、しかもご飯やサラダのセット食べられるので、有名な「いきなりステーキ」より安いではありませんか!

近くに店舗がある方は是非一度食べに行ってみてください☆

この日は晴天に恵まれていたこともあり気温が30度ぐらいあったので、尋常じゃない量の汗が吹き出してきました。

同じ気温でも、なぜか沖縄の方がはるかに熱く感じます。

沖縄来て「一発目の飲み物は何買おうかなー」って考えてましたが、前回行ったときから沖縄で飲むのはコレと決めていました。

 

そう、沖縄と言えばさんぴん茶です!

ジャスミン茶なので、爽やかに香る独特の風味がとっても好きなのです!

多分この旅行中は、さんぴん茶ざんまいになることでしょう。。

そんなこんなしている内に夕方になっており、その日に宿泊するホテルが遠いこともあったので、あしびなーを去ることにしました。

あしびなー、願いを叶えてくれてありがとう(^o^)

営業時間:10:00~20:00(年中無休)

 

高速道路に乗って北の方へ

初日に宿泊する予定のホテルが100キロぐらい先にあることから、「下道で海を見ながらのんびりと行こう(^^)」っていう悠長なことを言ってられなかったので、高速道路を使って行くことに。

沖縄で高速に乗るのは初めてだったのでかなワクワクしてましたが、海沿いではなく島のど真ん中を通っていくルートだったので、ほとんど山しか見えませんでした。。

こんな感じで、海には無縁のルートです。。

ただ、ときどき街の風景が出てくると白を基調とした建物が並んでいて、リゾート地っぽさを感じることができました。

しばらく車を走らせて一旦休憩しようってことで、伊芸サービスエリアにお立ち寄り。

レンガの造りがいかにも沖縄って感じですね!

シーサーも出迎えてくれたようです。

ここで高速に乗って初めて海を見ることができた気がします。

このサービスエリアは唯一、高速の中で海に近い場所なんですね!

そして、沖縄に来たら絶対食べようと心に決めていたスイーツを食べることにしました。

そう、沖縄の人なら誰もが知ってるブルーシールアイスです!

前回行ったときに紅芋アイスが美味しかったのを覚えていたので、今回も紅芋一択で決めていました。

いざ実食!

あれ??

美味しいんだけど、前回食べたときと違う。。

濃厚さが若干掛けているような。。

とは言っても、やはり紅芋は美味しかったので一瞬で完食!

後で分かったことですが、このカップに入っているタイプは「ラクトアイス」になっているため、乳成分が少ないことから薄く感じたようです。

アイス屋で作って売られているものや、ハーゲンダッツのような高級アイスは恐らく「アイスクリーム」になっており、こちらのタイプはミルクの濃厚さが感じられるってことなんですね!

ちなみにこちらは通販でも買えるので、沖縄に行かなくてもご家庭で食べてみたい方は是非☆



伊芸サービスエリアはちゃんと店で出しているブルーシールアイスもあったので、濃厚さを求める方は値段は高いですがこちらの方がいいかも(^o^)

そしてしばらく海を眺めていると、自然が豊かなのか猫がたくさん出没しました。

完全にくつろいでいますね 笑

人に慣れているのか、こちらから近寄っても逃げていきません。

猫に沖縄を歓迎されているみたいで、なんだか嬉しかったです(^^)

これで十分癒やされたのでサービスエリアを後にし、目的地まで走り出しました。

 

美ら海太郎

本来ならば離島に行く予定だったのですが、完全に日が落ちてしまっており海の良さがまったく感じられない恐れがあったため、予定変更してそのままホテルへ。

ホテルに着いてからは、ご飯を食べれる店を探すことに。

ホテルのフロントの人に近くにあるオススメのお店を聞くと、美ら海太郎という居酒屋を教えてくれたので、徒歩で現地へ。

向かう道中は街頭もほとんどなく女性一人だと怖いかもって言いながら、10分ぐらいで着きました。

名前も外観もいかにも沖縄っぽいです 笑

周りは何にもお店がないのに、こんな場所に居酒屋があるのが不思議でした。。

#(ハッシュタグ)がついているということは、インスタのスポットですかね。

沖縄料理が食べたくて来たので、このメニューを見ただけで即INしました。

お客さんは私たち含めて2組だけ。。

貸し切りみたいでテンションが上がりました!

早速料理を注文。

 

突き出しはもずく酢

あまり好きじゃないので普段は滅多に食べないけど、沖縄のは程よい酸味で食べやすかった(^^)

最初に注文したのは

・海ぶどう

・ラフテー

・ミミガー

海ぶどうはサラダ感覚で食べれて、プチプチの食感がたまらなく良かった!

ラフテーは、本州で言う豚の角煮だが、やや薄めの味付けになっており、これは好みが分かれるのかな?って思った。

けど、歯ごたえはとっても柔らかくて個人的には本州のより好きだ。

ミミガーは、その名の通り「豚の耳」を焼いたような料理でした。

食感がコリコリしてて鶏の軟骨を食べているような気分だが、意外にもコレがハマってしまう(^o^)

飲み物はやっぱりオリオンビール

タイや台湾と同じで、南国のビールは薄めでサッパリしてるので飲みやすい!

そして、今回の料理の中で個人的なMVPはコレ!

フーチャンプルです!

ゴーヤチャンプルは有名だから何回か食べたことがあるけど、これは食べたことがない。。

しかし食べてみると、これがまた美味しいんです!

ゴーヤの代わりに麩が入っているため、食感はフワフワ(^^)

多分、この店の味付けも良かったのでしょう!

そんな美味しい食事に幸せ気分を感じながらいると、突然民族衣装を着た男性が三味線を持ってやってきました。

どうやらこの時間は三味線の生演奏が聴けるようです(^^)

男性はステージに立って簡単に挨拶だけされた後、静かにライブが始まりました。

沖縄民謡を歌っており、綺麗な歌声はさることながら三味線の技術も非常に高く、プロかと思いました。

しかも、私達は2組いる中でもステージの目の前に座っていたので、臨場感もハンパなかったです!

ここで嬉しいサプライズが!

歌って欲しい曲のリクエストを出していいと言うのです(^^)

このチャンスを逃すまいと、私はすかさず大好きな「島唄(THE BOOM)」をリクエスト!

問題ないとのことで早速演奏してくれましたが、あまりにも素晴らしい美声を聞いて感動で涙が出そうになりました。。

これを目の前で歌ってくれるなんて、贅沢すぎる!!

この後は他のお客さんのリクエスト曲を演奏して30分程で終了しましたが、どの曲も歌声が素晴らしく大満足!

終わった後にご本人に話を聞いてみるとプロの方ではないようで、どうやらこのお店は定期的に演奏しにきており、同じ系列の別の店舗の経営もされているとのこと。

ご飯も美味しく、素晴らしい演奏が聴けて、いろんな意味でお腹いっぱいになったところでお店を出ました(^^)

 

アラマハイナ コンドホテル

その後はコンビニへお酒とつまみを購入し、宿泊先のホテルへ。

今回は宿泊先のホテルはアラマハイナ コンドホテルというところで少しお高めのホテルでした。

普通ランクの部屋でも結構レベルが高い部屋なのに、受付時に「普段は10万円するスイートルームが今ならプラス1万で泊まれます」なんて迷うことを提案されましたが、もう十分だったので今回はパスしました(^^;

裏口の写真ですが、夜でも南国リゾートの雰囲気が出て素敵です(^^)

そして、このホテルは珍しくプールが着いております!

プールは嫁さんも楽しみにしていたのですが、結局時間が無くて入れませんでした(>_<)

部屋はコンドミニアムっていうんですかね?

ホテルというよりか豪華な家って感じです。

シンクや電気コンロがあるので、料理ができますね!

間取りで言うと1LDKで、かなり広いのでゆったりくつろげます。

寝室も別になっているので、寝る時にも安眠できますよ(^^)

初日の旅は終了してここからはくつろぎタイムなので、コンビニで仕入れてきたお酒で二次会です!

沖縄はお酒だけでなく、つまみもオリオンなんですね(^_^;

とりあえず沖縄限定のみで固めたって感じです。

沖縄の余韻に浸りながら、寝るまで飲んでました。

アラマハイナコンドホテルのHPはこちら

 

それでは2日目に続きます(^^)

→後編はこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
流生
流生(りゅうせい)です。 世間に"流"されないで"生"きていくことを信念としております。 "毎日をもっと楽しく!"を皆様に届けたいと思い、このブログを立ち上げました。 もし記事内容が良いと思われましたら、"いいね"やSNSへ共有していただけますと励みになります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© エンターテイメントLIFEスタイル , 2020 All Rights Reserved.